オスカーワイルド「自然は芸術を模倣する」

昨日、山の上の美術館で石鹸の作品を見ていた時の話。ぼくが写真を撮っていると、近くにいた係の人が「これ、石鹸なんですよ、初めのころはとてもいい匂いがしてたんです」へええ~、石鹸!と、ぼくが目を丸くしていると、「ええ、この作家さんは、私も石鹸にされてたかもしれないんです、って話してました」 え?それ、まさか…ナチスとかアウシュビッツに出てくるあの石鹸の話ですか?と聞き返してみたが、具体的なことは知らない様子だった。
話を聞いた後でもう一度その作品を眺めてみた。驚いたことに、それはさっき見た、積み重なった石鹸、とは全く異質の何かに変化していた。
家に帰った後でこの作品について調べてみたところ、作家さんのインタビュー記事にそのことが触れられていた。


–外国での展覧会は。

2014年から15年にかけ、チューリッヒ(スイス)、クラクフ(ポーランド)、ハレ(ドイツ)でやりました。アウシュビッツに近いクラクフの現代美術館は、映画「シンドラーのリスト」にも出てくる工場をリノベーションしたもので、ナチの石鹸の話から、人が使った石鹸を積んだ作品を造りました。

3年過ぎたら有料なのです

秋なのに真夏のような日々が続いている。仕事を終え、店じまいをした後で父のところに寄ってみた。暑さでぶっ倒れてるかもしれないから。父は元気だった。帰ろうとすると、「洗濯機を見てくれないか、水が漏れるんだ」という。洗濯機の下に水たまりができていた。排水口にゴミが詰まってるんだろうと観察するが、異常はない。結局、洗濯機をひっくり返して中を見てみることになった。

排水パイプがゆるんでるんじゃないかと見当をつけて見てみるが、きっちりはまっていてびくともしない。本体を分解するのも面倒だし、専門家に任せることにした。たしか長期保証がついていたはずだが、と保証書をみると3年間の無料保証がついていた。売上日は2016年9月12日。今日は何日だっけ・・・9月13日。

残念ながら修理は有料だ。なんだか悔しいので、もう一度念入りにパイプを調べてみた。するとパイプの一部に小さな亀裂を発見!ここから排水が漏れていたのだ。父に、2~3日洗濯機が使えないけどいいかな?と聞くと「オレはすることがないから洗濯が唯一の楽しみなんだ」とさびしそうにいう。スマホを取り出し、近くの電気屋に電話した。何時まで開いてますか? 9時までです。時計は8時半を指していた。ぼくは車を飛ばし、排水パイプを買ってきた

とんぼの海

どこか海の見えるところで昼食にしようと思った。たまには東に走り、太平洋に浮かんだ雲を眺めながら食べるのもいいな、と考えたが、夕方にヨッパライ某の歯医者の予約が入っていたのを思い出し、あきらめた。それまでに帰ってこれる自信がない

しかたがないので、いつものように東シナ海を眺めながら食事のできるところを探した。地図で海に面した店を探していくと、おもしろそうな店が見つかった。しかも月曜日も開いている。たどり着いてみると、なかなか素敵なロケーションだ。鉄条網に設置された監視カメラの放列が続く松林の林道を抜けると、そこは海。こんなところに食堂があるんだろうかと、キツネにつままれたような気分で見まわすと…あ、あった!

「左手にポツンと浜の茶屋」 読み人知らず

車をとめ、外に出ると、すごいトンボの大群。目の前が海なので、ここで堰き止められているのかもしれない

「蜻蛉の海には出でずここに群る」 山口誓子

とってもおいしかったです。特に焼き魚

帰りに小さな漁港に寄って廃墟などを見て回った。ここには凝縮された時間が微睡んでいる

冷たいものが食べたくなったので、港町にあるジャズ喫茶でシロクマ。とてもおいしかったです

エンディング

楽しかった日曜日も終わりが近づいたようです

ロマンチストを撃つな!

自然は驚きに満ちている。何を見ても不思議でしょうがない。まったくあきれ返るばかりだ。しかし、友人をはじめ周囲の人たちはそんなことを熱く語るぼくにあきれている。いわく、やれやれまたそんな話かよ、キミはほんとにロマンチストだね、と。

さっき、ネットをうろついてたら、ある本の案内文にこんな一節が紹介されていた。

「驚くべきことに驚けるのは、実は教養があるからです。知識豊富で教養豊かな人は、もうあまり驚くことがないのではないかと思うかもしれませんが、逆なのですね。知れば知るほど、心の底から驚くことができるのです。知識がないと、何がすごいのかわからない。ぴんとこない、ということになります。」

ほーらね、オレって教養豊かなのかもよ

人生論

人生も残り少なくなってきた。ふと、「そろそろ本気で生きなくちゃ」なんて思ったので、とりあえず人の書いた「人生論」でも読んで参考にしよう、というケチな考えが浮かんだ。というわけで熱帯雨林で一冊ぽちった

めんどうなことは忘れやすい

しなくてはならないことがあるのに、どうしてもそれを思い出すことができなかった。そしてさっきそれを思い出した。また忘れるといけないので、すぐに取りかかった。店のレジの消費税の設定。うちの店は軽減税率の対象となる品目を扱ってるので、消費税を二つ設定しないといけない。めんどくせーなー、とブツブツ言いながら始めたのだけど、あっけなく終わってホッとした