終活の記録

長い間眠っていた「いつかは使うはずだったブツ」を納戸と床下収納から引っ張り出したものの、その後何もしなかったのでブツは廊下にあふれたままになっていた。今年も残り少なってきたし、今日は家に閉じこもってブツの分別作業をすることにした。

「いつかは使うはずだったブツ」は衣装ケースに入れて収納されている。その一つを開けてみると、何か袋に詰めてある。開けるとバラバラのガイコツが出てきた。全て捨てる決心で始めたのに、これを見たら組み立てずにおれなくなった。先が思いやられる。

最初に買ったパソコン。Windows3.1プリインストールマシン。愛着があって、使わないのに捨てられなかった

分解したところ。CPUはpentium75MHz、HDDは540MB

今日は金属ゴミで出すことができるものを分別し、袋に詰めた

記念に一つ取っておくことにした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。