Purple Rain 6

朝、空港に人を送った後、藤で有名なあの公園に寄ってみた

花房がまだ伸びてなかった。今週末くらいが見頃かも

降りしきる紫の雨

2019藤まつり – Spherical Image – RICOH THETA

建物の壁に描かれた異様な迫力の巨大生物

どこで昼食にするか迷い、結局、いつものように海の近くの食堂で魚フライにすることにしたのだが、車を走らせてるうちに気が変わり、海鮮丼にしよう、ということになった

海辺の監視カメラに写った不審な男

そうめん流しはカンフーだった

南の植物園から郵便物が届いた。黄色い花が咲いているという

海沿いの道を南に下り、潮が引くと歩いて渡ることのできる、あの島に寄ってみた。今日は360度カメラで撮ってみた。真ん中にいるのはぼく。自撮り棒の先にカメラを付けてシャッターを切っているところ

青空に映える黄色い花

唐辛子の花も咲いている

ジェット機の写真をたくさん撮った

周囲から聞こえてくる会話は日本語ではなかった。カンフー映画の世界に紛れ込んだような不思議な気分になった

その日はスペシャル

姫路城に行ったら桜が満開で幻想的でしたよ、と、店のお客さんに話したところ、とてもうらやましがられた。姫路城に行ったことのあるお客さんが意外と多いのには驚いたけれど、桜が満開の時に行った方は今日の時点ではいない。ふっ、なんだかうれしいぜ

コーヒーを飲んで美術館に行った

月曜の朝。濃くて苦いコーヒーが飲みたかったけど

美術館を歩く。ぼんやり庭園を眺めていたら、眼差しの涼しい、よその国の女の子に声をかけられた。写真を撮ってもらえませんか? 一人旅らしかった。物語はこんなふうに始まることもある

その建物にはひどく巨大なロープがぶら下がっていた。材料はワラのようにみえる。どうやって作ったのだろう。しばしアタマをひねったが、わからなかった。わからなくても困ることはないのだけど、やはり気になる

参道沿いの、あの旅館にも行ってみた。写真で見たとおりだった。それだけのことだけど。境内は満開の桜が強風にあおられ、花吹雪状態

さくらを見たあと砂漠を歩いた

電車は北に走っていた。川を渡り、トンネルを抜け、街の中を疾風のように走る。桜がいっぱい。どこまで走っても桜が満開

バスに乗り換え、なんとかという城に着く。桜が満開

お皿を数える幽霊で有名な井戸。真昼なので、ちっとも怖くなかった。写真中央にあるのが井戸

いつかは行きたいと思う。星と風と、砂しかない、あの砂漠

飛行機で不時着したら、そこには井戸があって、目の光るヘビがいてキツネがいる。キツネはぼくにこう言う。君は友だちだから教えてあげる。大切なものは目に見えないんだ

夜桜

ネコに引掻かれた空

夕食後、近くの公園をブラブラ

写真を撮っていると、遠くからキコキコという変な金属音が近づいてきた

補助輪付きの幼児用自転車をオバさんが必死にこいで走り抜けていった

七分咲き

今思い出した。大事なことを忘れていた。今日はウソをついてもいい日なのだった。日頃ウソをつかないぼくにとって、今日はとても貴重な日なのだ。ぼくだって年に一度くらいウソをつきたい。ああ、次にウソをつけるのは一年後か

あの島が見える山で桜が七分咲きだというので、あの島に向かって海沿いの道を南下した。

いつものように、むかし飛行場の基地があったところにも寄ってみた。ここも七分咲き。冷たい風が吹いていたせいか、人はまばらだった

きれいな川が流れている公園にも寄ってみた。ここも七分咲き。