夕暮れ

若いころは一人で生きていけると思っていた。だれのサポートもいらない。B型だし。今はそうは思わない。夏の終わったこんな夕暮れ時は特に。店じまいをはじめたとき同年代のお客さんが音もなく現れた。駅に奥様を迎えに行くところなのだが、早く着いたので寄ったのだと。一杯飲みたいというのでポットに水を入れ、火にかけた。なぜか歌謡曲が聞きたくなって適当に選んだ。ビリーバンバン、さよならをするために。一人では生きていけない。弱くなったからではなく、弱いと気づいただけのこと

ちょっと月まで

先月、ネットをぶらついてたら、気になる題名の記事が見つかった。

今夏は鹿児島で月面着陸! IMAX 70mmフィルムで映画「アポロ11」を見た

以下抜粋


月面着陸50周年を記念し、NASAと米公文書記録管理局(NARA)が協力し、70mmフィルムのアーカイブ映像や11,000時間以上に及ぶ音声データを基に制作されたドキュメンタリー映画。当時の貴重な映像素材を、特注スキャナーで8Kまでの解像度でHDRのスキャニングを行ない、4Kリマスターによって「50年前の映像とは思えないほどの圧倒的な迫力と美しさ」で、アポロ11号の打ち上げ直前から帰還までの9日間を描く。

(中略) 上映館の中でも、ひときわ異彩を放つのが、直径23mのドームスクリーンで70mmフィルム上映を行なう「鹿児島市立科学館」だ。今となっては“フィルム上映”というだけでも珍しいが、同館はカナダIMAX社が開発した映写システム「OMINIMAX(オムニマックス)」が今でも稼働する、国内唯一のスポットなのだ。「アポロ11」が70mmフィルム上映されるのは、日本では鹿児島市立科学館のみ。しかも3カ月限定公開で再上映は無し。


なんだかよくわからないけど、とにかく見ないわけにはいかないような気分になったので見に行くことにした。写真は映写装置。丸いお皿に載ってるのが70mmフィルム

で、映画を見た感想。あまりに画面が大きすぎ、目を上下左右にきょろきょろさせながら見ることになった。こんなの初めて。月面での映像などは、その荒涼とした風景が目の前いっぱいに広がり、不安を覚えるほどだった。

昼食は山のレストランのテラス席で、田んぼと、その向こうにある海を眺めながら食べた。やっぱり地球がええ

最近になって気づいたことがある。なんで今頃、とも思う。それは、自分を幸せにしようと努力すると、かえってそれから遠ざかってしまう、という事実。手に入れようとすれば失うし、失うと与えられるなにか。自分の悟りというものはかなりの確率であてにならない

カメムシの逆襲

カメムシが一週間くらい前から洗面所の天井に張り付いていた。さわらぬカメにたたりなしという古くからのことわざに従い、見てみぬふりをしていたのだが、さっき見たらいなくなっていた。と思ったら、なんと、洗面所の入り口の真上に移動していた。まずい。扉を開けたときの振動でポトッ、と頭に落ちてくる可能性が高い。間違って手ではたこうものなら心臓麻痺レベルの異臭をお見舞いされること必至である。近くに立てかけてあったデッキブラシを使い、恐る恐る掬い取ろうとしたが、急に暴れだし、ブーーンと音を立ててぐるぐる飛び回ったあげく整理箪笥に積んであったタオルに着地した。死ぬほどびっくりしたぜ。言うまでもないが、タオルに載ったカメムシには家の外に出て行ってもらった。

ロケットの秋

昨夜は雲一つない絶好のロケット日和だった。ぼくはカメラの設定を済ませ、安心し切ってカウントダウンが始まるのを待った。発射は日をまたいで25日の午前1時5分。発射10分前に屋上に上がり、カメラを南に向けセットした。げげっ!なんと南の空は雲に覆われているではないか。いつの間にやってきたのだ、この忌々しいB型雲め。
シャッターを押す元気も消え失せてしまったが、せっかくこんな夜中まで待ったのだから、と、シャッターを押した。ぼくをかわいそうに思ったのか、時々雲間から姿を現してくれた

上の動画を静止画に分解し、比較明合成ソフトで合成しました

台風一過

朝、カーテンを引くと台風一過の爽やかな青空が広がっていた。予報は外れたのだ。ドライブ出かけなくちゃ。というわけで灰まみれの車をシャンプーで洗い、ピカピカになった車のエンジンをかけた。山を登り、渓谷沿いの道を南に走る。近道をしようと細い山道に入ると、台風で折れた枯れ木が道をふさぎ、落ち葉が道にあふれていた。それが跳ねて車のボディーにバシバシ当たる。せっかく車を洗ったのにねぇ、と、ヨッパライ某が言った。ぼくは車を洗ったことをすっかり忘れていた

目的地は山の上の公園。清流にかかっている石橋を渡ったあたりに赤い花が咲いているはず

赤い花。もう秋なのだ。夏はいなくなった。過ぎた夏をいつまでも思うのはもうやめよう

大魔神。悪いことをして彼を怒らすと大変なことになる

カツオで有名な町にある美術館に行ってみることにした。前回行ったときは改修工事中で展示品も少なかった

硫黄島は今日も煙を吐いていた。左の島は竹島

美術館は休みだった。祝日に休むなんて・・・ぶつぶつ

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

コーヒー一杯分の支援

Wikipediaを頻繁に使う。大変お世話になっている。数日前から、例の「お願い」が出るようになった。気の小さいぼくは、このお願いが気になってしょうがない。使うたびに「お願い」されるので、ついに、コーヒー一杯分300円と手数料35円をクレジットで支払った。で、どうなったかというと、「お願い」が出なくなった。

店のパソコンで支払ったので、自宅のパソコンではまた「お願い」されるのだろう、と思ったが、出なかった。ブラウザを同期させているせいかもしれない。ためしに違うブラウザを立ち上げたら、再び「お願い」されてしまった。(上の画像)

支払いを済ますと一通のメールが届いた。読んでみておもしろいな、と思ったのは、中ほどにある「意外に思われるかもしれませんが、寄付しない理由で多いのは金銭的余裕がないためというものです」というところ。役に立たないからではなく、余計な金は使いたくないから。ケチなだけよ、と。ここは欧米ならではのジョークと受け止め、クスっと笑うべきところなのか。


この度はウィキペディアならびにウィキメディア財団のために¥ 335をご寄付くださるとのこと、心から感謝申し上げます。

新たな知識の扉を開くウィキペディアは、世の中のために少しでも何かしたいとお考えのあなたのような方の貢献なしに語ることはできません。皆さまからのご寄付は、私たちのビジョンと精神が健在であることの証です。

ウィキペディアが役に立つと感じておられるからこそ、寄付を決意してくださったのではありませんか。多くの方が主に同じ理由で支援してくださいます。いっぽう、意外に思われるかもしれませんが、寄付しない理由で多いのは金銭的余裕がないためというものです。

ウィキメディア財団は、誰もが無料で学べるべきだという信念を掲げています。知識は、常に無料であるべきです。ウィキペディアには、一切の利用料がかかりません。では、どのようにして世界でトップの人気を誇るウェブサイトを運営できているのでしょうか。

それは、皆さまのような寛大な方々のおかげです。

ウィキペディアは、皆さまのものです:読んだり編集したり、時間を忘れて思い切り没頭してください。ウィキペディアは、終着点ではなく、出発点なのです。

無料でオープンな知の発展にお力を貸してくださり、誠にありがとうございます。

キャサリン

ウィキメディア財団 最高経営責任者兼事務長
キャサリン・メイハー

キャンドル

今日は家族のだれかの誕生日。今でもローソクに火を灯すと、なんだかワクワクする。こどものころ火遊びが好きだったせいかもしれない。