ふたりを隔てる目に見えない壁

早朝、ヨッパライ某を病院に送り届け、いつもならその足で近くの人工島に遊びに行くのだけど、今日は読みたい本があったので暖房のきいた病院の待合室でそれを読むことにした

昼食は海辺の食堂で、いつものように魚フライ。二人で食事をしながら、さっき読んだ本の感想などを話す。でも、二人の間にある透明な衝立が邪魔をして、話がうまく伝わらない。

読んだのは村上春樹さんの短編集「女のいない男たち」。10年くらい前に一度読んだのだけど、「ドライブマイカー」という映画が何かを受賞した、というので、その原作をもう一度読んでみたくなった。で、その感想。
→ ずいぶん勉強になりました。

帰りに蝋梅を見に行った。春の匂いがした

A LONG VACATION 5日目

朝起きてコーヒーを飲んでたら、昨日注文した蛇口の部品がもう届いた。送料込み86円。なんでこんなに安いの? 水道の元栓を閉め、さっそく交換。

今日は正月三日目。天気もいいし、どこも多いだろうな~。問題は昼食を食べる場所。店に行ったら行列ができていて、順番待ちリストがズラーっと埋まってたりして。というわけで、席を予約できる店に電話してみたらOKだったので、ドライブがてら、そこに行くことにした。

いつもは安いほうの寿司を注文するのだけど、正月なので、ちょっと高めのタカエビ定食。とてもおいしかったです

近くの丘に上ってぼんやり海を眺める。太陽の光を反射してとてもきれい。空を飛ぶものが大好きなヨッパライ某はパラグライダーをやってる人たちのところに行って、飛んでいく人たちと何やらおしゃべり。

帰りに海に面した公園に寄り、公園を横断して海に出た

A LONG VACATION 4日目

今年に入って二日目の朝。今日は正月らしく、ぼーっと過ごそう、と考えていたのだが、庭の水道の蛇口が水漏れを起こしていることを思い出してしまった。

蛇口からコマを取り出してみると、ゴムはつぶれ、コマのねじも腐食が進んでボロボロ。

ゴムと真鍮製のナットを取り換え、元に戻したが、コマ自体も交換したほうが良さそうだったので熱帯雨林に注文

作業を終えてボーっとしてたら、突然、ぜんざいが食べたいね、ということで意見が一致したので、ぜんざいが食べられそうなところを考えてみたのだが、まるで浮かばず、なぜか特攻基地横のソフトクリーム屋近辺にあるかもよ、ということになり、急いで車に乗り込んだ。

残念ながらぜんざいは売ってなかった。せっかくここまで来たし、前から見てみたいと思っていた、飛行場跡のトーチカを見に行った。

六角形のコンクリート製

前のトーチカから300メートルほど離れたところにある、半ば埋まった状態のトーチカ

海の見える公園

植物園でイルミネーションをやっていた。これは浦島太郎のカメだそうです

銀色の海

銀色の海を見ながら昼メシを食おうか、ってことで、山を越えて南に向かった

もうすぐ冬至。昼時なのにずいぶん太陽が低い。海が一番輝く頃

小さな傘を差した灯台

誰もいない海

むかし、テーマパークがあったところに寄ってみた

イカのメリーゴーラウンド

冷凍室に常備しているブリカマが底をついたので買い出しに出かけた。いつもは昼食をとった帰りに灯台公園に寄るのだけど、今日は最初に寄ってみた

灯台へのアプローチ。ドライブレコーダーの映像です

12時だというのに、ずいぶん太陽が低い。間もなく冬至

いつもと違う角度で日が当たっていて、なかなかいい感じ

灯台公園に長くいたせいで、食堂に着くのが遅くなった。店のおじさんが「今日はすごくお客さんが多くて、もうご飯がない。炊き上がるのに20分かかるけど、どうする?」といわれた

食事をしながら窓の外を見ていたヨッパライ某が、あれなに?という。見ると、何か洗濯物のようなものがぐるぐる回っている。

動画で撮ってみました

帰りにAZに寄ってボンタンやズボンなどを買った。家に帰りつき、屋上に上がってビールで乾杯。月と金星がランデブー

眠い一日

人工島の朝。変な形の舟が目の前を通り過ぎて行った

なんとなくエビフライが食べたくなって、漁港近くのすし屋に向かった

エビフライを食べたら眠くなった。丘の上の原っぱで昼寝をしようと丘に上ったが、原っぱには空を飛ぶ人たちがいて寝れなかった

なんとなく小春日和

天気が良かったのでドライブに出かけた。山の上の公園のイチョウがそろそろ色づいて見ごろだろう、と思って行ってみたら、ほとんど落葉していた

葉っぱの落ちたイチョウを見て、ヨッパライ某がひどくガッカリしていたので別のところに向かった

大きなクスノキが生えてる神社に行ってみた。ここのイチョウはまだ葉っぱがついていた。めでたし、めでたし

昼食はイタリアン

山を越えて海に出た

手前にいるのはクラゲ

落葉の季節

天気が良かったのでドライブに出かけた。
写真は火山湖に生えたラクウショウ

静かに沈没中

今回のドライブのテーマは「ナイアガラの茶店で鯉こくを」なのです

紅葉にぼんやり浸って体内時計をアジャスト。
だんな、もう冬ですぜ。夏はとっくに終わりました

くもり空

朝起きたら9時を回っていた。コーヒーを飲んで少し頭が動き始めたころ、行きつけの花屋に寄って花を買い、墓地に向かった

小雨ぱらつく墓地を後にしたのがお昼頃。今日はいつもと違う用事があった。山を越えて海に向かう。途中、いつものようにコンビニでコーヒーを買い、それを持って砂浜をぶらついた。昼食はどこにしよう、とヨッパライ某に聞くと、テラス席のあるあそこ、というのでそこに向かった

デッキのアームチェアに深く腰掛け、メニューを広げたものの、注文するのはいつもタンドリーチキンとベーグルのセット。デザートは焼きリンゴのケーキとオレンジソーダ

帰りに近くの中国庭園に寄ってみた。雲が垂れ込めていたせいもあるが、静かすぎてなんだか気が滅入った

メンテナンスモード 2日目

朝起きるとなぜかそこは自分の部屋ではなかった。ほとんど動いてないノーミソのまま、窓の外を見ると、ちょうど太陽が昇ってくるところだった

朝食をとった後、ホテルの中庭を散歩。きれいに手入れされた芝生。水のないプール。コバルトの空

コーヒーを飲み、ノーミソが少し動き始めたころ、植物園をブラブラ。コスモスとヒマワリが咲いていた

夕方、家に戻ってきた。近くの運動公園から花火が上がるというので動画に撮ってみた。約40秒