火曜日は休み明け

昨日と一昨日は月一回の連休だった。休み明けの今日、豆を切らしたお客様が次々といらっしゃる。
「なんで月曜日に休むのね」「日曜日に休むなんて」
お客様はイライラと小言をおっしゃる。まるでヤクを切らした中毒患者。ぼくは金を受け取り、ヤクを渡す。
お客様はヤクの袋を手にすると、ほっとした顔になって帰っていかれた。

体力の衰えを知りそうになった夜

夜、今まで使っていたテレビを弟の住居まで運んだ。
テレビは36型で重さ約80キロ。弟の部屋はビルの3階。エレベーターはない。二人で抱えてよろよろ階段を上り始めたものの、数段上らぬうちに「無理だ」と思い知った。しかし、兄としてのメンツがあるので平静を装い、一段一段必死に上り続けた。弟は下から押し上げ、ぼくが上で引っ張る。下のほうがきついと思って上を選んだのが間違いだった。「そろそろ代わろう」といって、ぼくは下に回った。ふと弟を見ると、まるで仁王像のように目をひんむき、鼻をおっぴろげてあえいでいる。なんだ、オレよりずっと苦しそうじゃないか、若いくせに。ぼくはうれしかった。

BD

26_1 きょうはぼくのBD。(BadDayじゃないよ)バースデイ。ぼくは久しぶりにブツを買うことにした。(誕生日=なんか買う日)
ぼくは映画を見るのが好きだ。できたら少し古くなった、懐かしい映画を映画館で見たい。でも、それはあまり現実的ではない。そこで、ぼくは映写機を買うことにした。部屋を暗くして、ウフフ…じゃなかった、映画を見るのです。トト少年のように。今の映写機はなかなか性能が良くて、ハイビジョンで映せる。ハイビジョン映画を録画して、ヒマなときにボケーっと見る。ちとジジくさいけど、ま、いいか。

土曜の午後のマジック

うちは子供連れのお客さんがけっこう多い。
子供はコーヒーを飲まないので、大人がコーヒーを試飲している間は退屈そうである。
その日の気分にもよるが、ぼくは子供だましのマジックを披露して子供の退屈を救ってあげることがある。
これが驚くほどウケる。ウケると調子に乗って、ちがうマジックを披露してしまう。
するとたいていの子供は尊敬の眼差しでぼくを見るようになる。相手が子供であれ、尊敬されるのは気分のいいものである。

夜の楽しみ その1

22_1 今日も一日が終わる。一日に何か一つくらい楽しみがないとさびしいよね。
しかも今日は金曜日。
一般のサラリーマンのように、明日が休み、というわけじゃないけど、なぜか休み前のようなウキウキ感がある。
夜中に台所でこそこそカクテルなんかをつくったりして。
ぼくの定番は、スーパーで安い果物を買ってきて、ウォッカで割ったやつ。
一番好きなのはスイカのポンチなんだけど、まだ高くて手が出ない。
マドラーがお箸ってところが泣けるでしょ?

木市でヒヨコを買ってもらった思い出

今日は母の命日。春らしい陽気だったせいか、豆を焼き終えてボンヤリしてたら、めったに思い出さないことを思い出した。
あの日もこんな日だった。葬式が終わった後、県外から来た叔父がぼくを木市に連れて行ってくれた。ぼくは、ひよことアヒルの子を買ってもらった。そのときぼくは10歳。今思えば、叔父はぼくのことを不憫に思ったのかもしれない。
若いときは母のことを思い出すのに抵抗があったけど、最近は自然に思い出せる。年をとったからかな。
明日も母の命日。弟にとっては実の母。母の命日が偶然続くことになった。

春だなぁ

また失敗してしまった。
ここ数日、睡眠不足が続いている。そして今日は色っぽい系の若い女性が多かった。
となると、ミスが多発するのも致し方ない。理の当然といえよう。
今日の失敗は、Aさんという若い女性のお客様をBさんという同様のお客様と勘違いしたまま会話をつづけ、それが最後まで相手に気づかれなかったという失敗。
二人の会話を一部再現すると・・・
ぼく   コーヒーはいつものガテマラでいいですね。
Aさん  ええ、200グラムお願い。
ぼく   ホームページははかどってます?
Aさん  結局、業者に製作を頼むことにしたんです。5月に完成するんですよ。
ぼく   雑貨はホームページで紹介すると反応がいいですからね、業者に頼む価値はあるかもしれないですね。
Aさん  そうですね、うまくいくといいけど。
お客様が帰られて、しばらく経って気がついた。
あ、あの人はBさんじゃない!Aさんだ! Σ(゜□゜)
Aさんは、あるインテリアショップの社員。
Bさんは、自宅ショップで雑貨を販売されてる若い主婦。
どちらも目元に妖しい色気の漂う魅力的な女性。
春だなぁ~  オレの頭も

桜が散りはじめた

通勤途中で見ただけなんだけど、桜がだいぶ散っていた。
暑いからだろうね。
でも、今朝はちょっとひんやりしてたな。
今日は休み明けだったせいか、電話やネットの注文が多くていそがしかった。
ヒマが続くと不安だけど、いそがしすぎると誰かに文句を言いたくなる。
サラリーマンだった頃は、部下とかにぶつぶつ言ってたけど、もう出来ないし。

今日から・・・

1_1 みんながやってるので、ぼくもマネしてブログはじめました(笑)
んで、背景を明るくしようか暗くしようか迷って、やっぱり暗くしてしまった。
暗いのかね、性格が。
午前中は、免許更新で交通安全センターへ。
数年前のスピード違反がたたって、講習が2時間。
実話に基づく交通事故を題材にした恐ろしくシリアスなビデオを見せられ、かなり落ち込みました。休みなのに。
そのビデオのテーマ曲、どっかで聞いた声だと思ったら、さだまさしの声。
歌の内容は、友達のナントカ君が、毎月働いたお金のほとんどを振り込みに行くんだけど、その振込先が、むかし彼が交通事故を起こした相手なんだという…
春なのに、休みなのに… 今日ぼくはとっても落ち込んでます。

遠い夏の日

1986_0817_04s
小浜海水浴場にボートを漕ぎに行った。友人Fは彼女を、ぼくはヨッパライ某をのせて、凪いだ海を滑るように走った。
1986_0817s
今年の夏も、もうすぐ終わり。